考えないとできない、だから面白い仕事です。

先輩社員紹介 Tさん

2018年入社 製造職 Tさん

前職を辞めようとしていた時に、この会社に勤めている友人に「うちに来ない?」と声をかけられました。
知り合いがいるということもありますし、前職は製造業ではなかったのですが、工業高校卒業なので物を作る仕事をしてみたかったというのも入社した理由のひとつですね。
高温の鉄や重たいものを取り扱うので危険もある仕事だと聞き心配もありましたが、それよりも自分の作業次第で作る製品がダメになる可能性がある、という、ものづくり未経験からの心配も大きかったです。
実際入社してからは、まず最初に安全研修を受けました。その後、仕事については先輩方が色々教えてカバーしてくれ、今ではある程度のことはできるようになり、まだ失敗は怖いですが少しずつ自信もついてきました。

難しい、きつい仕事ですが、それに見合うだけの楽しさ、やりがいがあり自分の成長が実感できます。

自分が働いている型合わせ部署では、前の工程(主型造形)で砂で作った上下の枠に、製品のへこみや段差を作るための中子という部品を入れ、型を重ね合わせる作業を行います。熱い鉄を流し込んだ時に砂の型から流れ出さないように、型の周りに塗料を塗って補強し、製品がきちんとした形で固まるように整える作業も合わせて行います。
作業を行う時は基本的にクレーン操作者と補助の2人一組です。
僕は補助の担当であまりクレーンは触りませんが、クレーン操作時は重たいものを作業者の近くで動かさないといけないので、非常に神経を使います。
製品はひとつひとつすごく細かい部分があったり、抱えるほどのサイズの時もあり、注意する点も作業の方法も違うので、必ず作業前に先輩方が作ってくれた標準書を見て行うようにしています。新しい形状のものを作る時は、どうやったらいいのか先輩に聞きながら自分で考え実際に作ってみて、できなかった部分を修正してやり直すことの繰り返しなので時間がかかります。
大きい製品になればなるほど、型の下の方では鉄が冷めてしまい、砂と鉄が混ざる”焼き付き”を起こしてしまうこともあります。少しぐらいのデコボコなら仕上げの工程の方が直してくれますが、それにも限度があるので、どうやったら製品としてしっかりした品質のものができるのか、自分自身の経験不足もありますが、まだ試行錯誤中です。

自分たちが作る製品はひとつひとつ同じものはなく、似たようなものでも必ず何かが違うので、考えないと作業ができません。でも、それを考えるのが楽しいところだと感じています。新しい型でも自分で考えたやり方を先輩に確認し、大丈夫だよ、と言ってもらえると嬉しいですね。

自分はまだ二年目で覚えきれていないことがたくさんあるので、一つ一つの技術を覚えて、先輩に聞かずに一人でできるようになることが今の目標です。

製造業ならではのことですが、ものづくりをして、それが形になった時は嬉しさ、達成感を感じられますし、会社のみんなも楽しく仕事をしているので、職場としていい場所だと思っています。

先輩社員紹介Tさん仕事風景